/

セールスフォース、データ分析のTableau買収 1.7兆円

セールスフォースが買収で合意したデータ分析ツールの「タブロー」は日本でも利用企業を増やしている=ロイター

顧客情報管理(CRM)大手の米セールスフォース・ドットコムは10日、データ分析ツール大手の米タブローソフトウェアを株式交換で買収することで合意したと発表した。買収総額は157億ドル(約1兆7000億円)相当となる。

タブローはデータ分析ツール「Tableau(タブロー)」を手掛けるソフト会社。同ソフトを使うと複雑なデータが利用者が見てすぐに理解できるようになる。日本でも利用企業を増やしている。

セールスフォース創業者であるマーク・ベニオフ会長兼最高経営責任者(CEO)は「世界ナンバーワンのCRMと分析プラットフォームを結びつける。タブローはデータの閲覧と理解を助け、セールスフォースは顧客の関心を集め理解するのに役立つ」というコメントを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン