五輪初の短編アニメを製作、IOCと日本の制作会社

2019/6/11 0:45
保存
共有
印刷
その他

フランス東部で開幕したアヌシー国際アニメーション映画祭で10日(日本時間11日未明)、日本のアニメ制作会社「スタジオポノック」が、五輪の精神を描く世界初の短編アニメ映画を国際オリンピック委員会(IOC)と共同で製作すると発表した。2020年東京五輪を皮切りに、その後の五輪開催地などで上映される見通しだという。

スタジオポノックによると、五輪が大切にする「卓越」「友情」「尊重」をテーマにした物語で現在製作中。完成後の作品はIOCに帰属しスイスのローザンヌにある五輪博物館に収蔵される。

ポノック社長の西村義明プロデューサーは「世界の子どもたちの顔を思い浮かべながら、美しく、楽しく、そして喜びをもって、競争の末にオリンピックが見せてくれる『もうひとつの価値』を真正面から描きたい」とコメント。

今年のアヌシー映画祭では、アニメ文化を特集する「名誉国」に日本が選ばれ、昨年公開のポノックの短編3本立て「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」が10日に上映された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]