2019年8月19日(月)

ウーバーイーツ、日本の配達員が労働組合結成準備

2019/6/10 20:39
保存
共有
印刷
その他

ウーバーは料理宅配「ウーバーイーツ」などの多角化戦略が成長のカギを握る(東京都内)

ウーバーは料理宅配「ウーバーイーツ」などの多角化戦略が成長のカギを握る(東京都内)

米ウーバーテクノロジーズの宅配代行サービス「ウーバーイーツ」の日本の配達員が労働組合の結成準備を進めていることが10日わかった。12日に都内で設立に向けた準備会を開く。ウーバーイーツの配達員は労組を結成することでウーバー側に待遇の改善を迫る。賛同者を募り、早ければ年内にも労組の設立を目指す考え。

ウーバーイーツはウーバーが展開する料理の配達サービス。登録した「配達パートナー」はスマートフォンアプリを通じ配達依頼を受け店舗から客まで料理を運ぶことで報酬を受け取る。好きな時間に働けるのが特徴で副業として人気がある。

労組結成には個人加盟の労組でつくる全国ユニオンなどが協力する。

全国ユニオンによると、ウーバーイーツの配達員は従業員ではなく個人事業主として仕事を請け負っているケースが大半で、配達中にケガをした場合でも補償が得られないといった問題があるという。

【関連記事】
運転手は従業員か ウーバー、事業モデル崩れるリスク
ライドシェア運転手、米など各地で抗議集会 報酬増求め

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。