西松建設、ホテル事業参入 2022年富山駅前に開業

2019/6/10 20:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西松建設はホテル事業に参入する。2022年に富山駅前に開業する。同社が建設し、経営権は持つが、実際の運営はホテルオークラ子会社のオークラニッコーホテルマネジメント(東京・品川)に委託する。訪日客の増加で不足するホテル需要に応える。

新設する「ホテルJALシティ富山」は10階建て、客室数約250室を備える。好立地を生かし、ビジネス客や旅行客の利用を見込んでいる。平均客室面積は25平方メートルで、通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]