/

この記事は会員限定です

鎌倉市、混雑緩和対策に本腰 行動把握し道路課金も

News 潜望展望

[有料会員限定]

国内屈指の観光地、鎌倉が観光客の集中による「観光公害(オーバーツーリズム)」対策に本腰を入れ始めた。神奈川県鎌倉市は観光客の動きを把握し、それらをもとに特定区間を通行する車に課金する「ロードプライシング」(道路課金)の導入を検討する。住民が鉄道に優先乗車する社会実験も実施し、観光客と地域が共存する方法を模索する。

江ノ島電鉄の鎌倉高校前駅。アニメ「スラムダンク」に登場するとされ多くの外国人客が訪...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン