/

ユニ・チャーム、本社に個室型の「集中席」

社員向けフリースペースを用意

ユニ・チャームは10日、東京都港区の本社内に新設した社員用のフリースペースを報道陣に公開した。ビルの1フロアを丸ごと使い、広さは約1150平方メートル。社員同士や取引先との打ち合わせに使えるほか、社員が仕事に専念できる個室型の「集中席」も用意した。

フリースペースは5月初旬から社員向けに開放した。10人程度で机を囲み、自由にコミュニケーションができる場所を設けた。社員は原則いつでも利用できるほか、社員が申請すれば外部の取引先らも打ち合わせに参加できる。

目玉は1人で集中して仕事に取り組めるスペースを設けたことだ。パーティションで周囲を仕切った個室型の席を十数個置いた。同社の高原豪久社長は「私自身、仕事の際に1人で静かな場所にいると集中できる。社員も生産性を上げるために活用してほしい」と話す。

ユニ・チャームは働き方改革への独自の取り組みで知られる。全ての正社員に在宅勤務を認めているほか、入社4年以降の社員に対して副業を解禁。高齢者介護やITなどの関連事業を兼務させてノウハウを取り込み、本業の革新や外部企業との連携につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン