2019年9月16日(月)

埼玉県嵐山町 5万株のラベンダー園 夏の新名所に

2019/6/10 19:45
保存
共有
印刷
その他

埼玉県嵐山町などは観光ラベンダー園「千年の苑ラベンダー園」を8日開業した。田畑だった場所に約5万株を植えた。面積は約8万平方メートルで日本最大級だという。隣の嵐山渓谷バーベキュー場に続く夏の観光資源として地域内外から誘客する。

ラベンダーの摘み取りも体験できる

同園は嵐山町と、商工会や観光協会などでつくる協議会が2016年からラベンダーを植え付け、整備を始めた。昨年、6~7月に先行公開したが、このほど本格開業した。今年の開園期間は7月7日まで。見学料は500円。ご当地グルメのほか、ラベンダーのグッズや苗を販売する。ラベンダーの摘み取りも一人300円で体験できる。

東武東上線武蔵嵐山駅から3キロほどの所にある。9日に開いた式典に出席した埼玉県の上田清司知事は「人口減少のなかでも(地域を訪れる観光客など)関係人口を増やす方法はある」と期待を込めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。