トヨタ東日本系システム会社、仙台に事業所

2019/6/10 19:47
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)のグループ会社で、システム開発を手掛けるシーエスシー(静岡県裾野市)は仙台市に事業所を開設する。同社が10日、仙台市に立地表明書を提出した。

8月に仙台市内のオフィスビルに入る。従業員10人は宮城県大衡村に常駐している社員などが移る予定だが、今後は現地採用も進める。仙台事業所では部品の受発注や人事管理システムの開発・保守を手掛ける。

トヨタ自動車東日本は2020年末までに東富士工場(静岡県裾野市)を閉鎖し、宮城県や岩手県の工場に生産を集約する予定だ。シーエスシーの三浦聡社長は「現地の部品メーカーとの関係を強め、受発注システムの効率化などを図りたい」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]