TONE、マキタと提携解消 共同開発成果出ず

2019/6/10 18:54
保存
共有
印刷
その他

工具大手のTONEは10日、電動工具製販のマキタとの資本・業務提携を同日付で解消したと発表した。TONEは11日にマキタが持つ発行済み株式総数の6.83%に当たる自社株式16万株を約4億円で買い戻す。これまで電動工具などを共同開発していたほか、バッテリーなどの部品を供給していた。期待していた成果が得られず、提携解消を決めた。

両社は2011年に資本・業務提携を結び、マキタはTONE株3%を約7千万円で追加取得した。TONEはビルや橋梁などの建設現場で重量鉄骨の締め付け作業に使うシャーレンチといった工具を、マキタは電動工具やエア工具を得意としている。提携解消で今後は両社が独自に製品開発を進めていく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]