7/10 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 株主提案へ賛成3割超 JR九州など9社で、統治に批判[有料会員限定]
  2. 2位: 島津製作所、PCRだけでないウィズコロナ銘柄の理由[有料会員限定]
  3. 3位: キッコーマン、「1強」の正念場 コロナが水差す海外戦略[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均終値は238円安 感染拡大警戒、全体の9割下落
  5. 5位: 小売りや外食など50社の業績、初の最終赤字に[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

ポジション

フォローする

金利低下、日銀にジレンマ 容認→副作用増 対策→円高リスク

2019/6/10 21:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国発の金利低下が日銀のジレンマを深めている。幅広い年限で国債利回りの低下(債券価格は上昇)が進むなか、さらなる下げを容認すれば金融緩和の副作用が強まる半面、食い止めようとすれば円高を招くリスクもあるためだ。超低金利を生かした財政支出で景気や物価の押し上げを求める声も強まっており、日銀の政策運営のかじ取りは難しさを増している。

長期金利の指標になる10年債利回りは7日に一時、マイナス0.135%…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム