2019年8月26日(月)

妻殺害で懲役14年判決 ブラジル人男、愛知

2019/6/10 18:42
保存
共有
印刷
その他

愛知県豊川市のアパートで妻を殺害したとして、殺人罪に問われたブラジル国籍の無職、オカモト・カルロス・カツヒロ被告(48)の裁判員裁判で、名古屋地裁岡崎支部は10日、懲役14年(求刑懲役17年)の判決を言い渡した。

弁護側は「妻が先にナイフを持ち出し、危険な状況を招いた。最初にハンマーが当たった時点で殺意はなかった」とし懲役7年が相当と主張。石井寛裁判長は「それまでの夫婦げんかの延長で妻が意図して殺意を生じさせたとは言えない。手加減せずハンマーを振り回しており、当初から殺意があった」と判断した。

一方で「自ら警察署に出頭し、公判でも自分の非を認めている」と述べた。

判決によると、オカモト被告は2018年12月17日午前5時ごろ、豊川市の自宅で、口論となったブラジル国籍の妻、マキモリ・クラウジア・マユミさん(当時40)の頭をハンマーのようなもので複数回殴り、首を刃物で突き刺して出血性ショックで殺害した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。