外国人実習生初の1万人 急増の影で揺れる監理団体

2019/6/10 18:34
保存
共有
印刷
その他

北海道の調査によると、2018年に道内で受け入れられている外国人技能実習生は17年に比べて18%増の1万32人となった。7年連続で増加しており、06年の調査開始以来初めて、1万人を超えた。一方で技能実習生の受け入れを手掛ける農協や商工会などは見えない負担増などを理由に、新たな在留資格の外国人を支援する「登録支援機関」になるかどうかには逡巡(しゅんじゅん)している。

道は1~2月、技能実習生を受け…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]