2019年7月20日(土)

老後資金の不足問題、国会で応酬 首相「誤解与えた」

金融機関
2019/6/10 18:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁が個人の資産形成を促す報告書で、老後資産が2千万円不足するとの試算を示した問題を巡って波紋が広がっている。長寿社会を見据えて老後に備えた資産運用を呼び掛けたものだが、年金頼みの人生設計の限界を国が認めたとして批判されている。10日は国会でも、年金制度をテーマに与野党が応酬する展開となった。

「(報告書は)不正確であり誤解を与えるものだった」。安倍晋三首相は10日の参院決算委員会でこう釈明し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。