薬局再編、報酬減で誘導 骨太方針「大胆に適正化」

2019/6/11 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は薬局の再編を進める。事実上、患者に薬を渡すだけの業務しかできない薬局は報酬の引き下げを検討し、きめ細かく服薬指導する体制のある薬局への転換を促す。6月下旬に決める経済財政運営の基本方針(骨太の方針)に「報酬を大胆に適正化する」と盛り込む方向だ。政府が進める在宅医療には人手がかかるため、薬局も構造転換を目指す。

骨太の方針は年末の予算編成に向けた指針となる。原案では「技術料などの効果や意義を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]