2019年6月19日(水)

ガバナンス改革「形ばかり」 取締役協・宮内義彦会長
そこが知りたい

コラム(ビジネス)
法務・ガバナンス
2019/6/11 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

LIXILグループの次期経営陣を巡る混乱や日産自動車の企業トップの不祥事など、日本の企業統治(コーポレートガバナンス)が揺れている。経営の監督と執行を分ける指名委員会等設置会社も増えたが、名ばかりの状態になっていないか。日本取締役協会の会長を務める宮内義彦氏(オリックスシニア・チェアマン)に聞いた。

――LIXILや日産などはガバナンス問題で経営が混乱しています。

「政府などから要請される格好で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報