/

農水ファンド、累積損失92億円 投資回収進まず

農林水産省が所管する農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)の2018年度末の累積損失が約92億円になったことが10日までに明らかになった。17年度末の累積損失は64億円だった。投資実績が振るわず、十分な回収が進まない一方、18年度は投資先の破綻で6億円の損失も発生した。

同機構は13年に設立された官民ファンドの1つで、農業の6次産業化などを支援する。18年度までに累計111億円を投資をしてきたが、当初計画を大きく下回るペースで、投資の回収も進んでいない。

ファンド事業の性格上、当面は投資活動により費用負担が先行する。同機構は投資回収が進む2024年度から収益を黒字化させ、累損の解消を目指すという。農水省は「今後、投資案件を積み上げ収益を改善させていきたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン