「データ活用、信頼が重要」富士通時田副社長

デジタルサミット
2019/6/10 16:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通の時田隆仁副社長は10日午後、世界デジタルサミット(日本経済新聞社・総務省主催)で講演し、「信頼があってはじめてデータの流通が円滑になり、活用が進む」と述べた。現在は企業が自社のデータを他社と共有するのにためらっていると指摘し、「セキュアなデータ流通を実現する」と話した。

時田副社長は月内に社長に就任する予定。人工知能(AI)については「信頼できない人が過半数いる」とした。AIをはじめとす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]