/

ルノーとFCAが統合協議の再開模索か ロイター報道

仏ルノーと欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は経営統合に向けた協議を再開する可能性を探り始めた。ロイター通信が10日、複数の関係者の話として伝えた。両社は協議を進めていたが、FCAが6日、ルノーの筆頭株主である仏政府の介入を嫌い、統合提案の取り下げを発表していた。

両社が統合を実現すれば自動車の世界販売台数は世界3位となる。いったん白紙となった協議では、仏政府が同国での生産や雇用の維持などを求め、FCAが難色を示した。ルノーは日産自動車の筆頭株主。ルノーはFCAとの統合案を巡り、日産と緊張関係に陥っていたといわれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン