マネーフォワード、法人顧客の資金管理サービス開始

2019/6/10 12:58
保存
共有
印刷
その他

クラウド会計ソフトなどを手掛けるマネーフォワードは金融機関向けに、法人顧客の資金管理サービスを開発すると発表した。

複数口座の残高や入出金明細を一元管理する(写真は開発中のイメージ)

複数の銀行口座の残高や入出金明細をリアルタイムで管理できることが特徴。そのうえで金融機関は中小企業など顧客の資金状況を把握し、経営状態にあわせて融資などの支援を効率的に提供できるようになる。

新サービスの名称は「BFM(ビジネスフィナンシャルマネジメント)」。複数の口座をオンラインで連携することで、表計算ソフトを使うことが多い中小企業の預金情報の管理を集約する。取引明細の履歴は無制限に表示したり、検索できたりする。

第1弾として岡崎信用金庫の採用が固まっており、秋にも法人顧客に提供する予定という。

マネーフォワードは個人向けの家計簿アプリに加えて、中小企業や個人事業主向けに会計ソフトをクラウド経由で提供している。

金融機関向けサービスではこれまで、個人顧客の通帳を電子管理する「デジタル通帳」などを開発してきた。今後はBFMなどを通じて法人顧客向けのサービスを拡充し、法人営業の効率化を後押しする構えだ。

(駿河翼)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]