/

F35A事故、平衡感覚失った可能性 近く飛行再開へ

岩屋毅防衛相は10日、航空自衛隊三沢基地(青森県)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの事故に関し、操縦士が平衡感覚を失う「空間識失調」に陥り、墜落した可能性が高いと発表した。機体トラブルが発生した可能性は極めて低いとも説明した。操縦士への教育や訓練、機体の点検を徹底し、近く同型機12機の飛行を再開させる考えを示した。

防衛省がF35Aの情報共有システムや地上レーダーから墜落機の位置と高度を分析し、事故原因を推定した。

岩屋氏は「機体に異常が発生していた可能性は極めて低く操縦者が空間識失調に陥っていた可能性が高い」と述べた。飛行再開の時期については「再発防止策を徹底してから判断する」と語った。「地元をはじめとする国民の皆さまに多大な不安と迷惑をかけたことに対し誠に申し訳なく思っている」と謝罪した。

F35Aは4月9日夜の事故直前、たまたま飛来した米軍機との距離を取るため、地上管制からの指示で高度約9600メートルから降下を始めた。約20秒にわたり時速900キロ以上の速度で約4700メートルまで高度を下げ、左に旋回した。約15秒後に三沢基地の東約135キロの太平洋上で高度300メートルを下回り、レーダーから機影が消えた。

左旋回を始めた直後の交信では「はい、訓練中止」と落ち着いた声で話していた。機体に異常があった場合は降下時に減速する可能性が高いが、同機はほぼ最大推力の速度で降下していることから、機体トラブルによる事故とは考えにくいという。

F35Aは米国を中心に開発された最新鋭の機体で日本に開示されていない機密情報が多い。事故原因の調査は防衛省が米国と協力して進めてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン