2019年8月24日(土)

デジタル変革、他社との提携カギ 世界デジタルサミット

デジタルサミット
2019/6/10 11:14
保存
共有
印刷
その他

対談する米セールスフォース・ドットコムのキース・ブロック共同CEO(10日午前、東京・大手町)

対談する米セールスフォース・ドットコムのキース・ブロック共同CEO(10日午前、東京・大手町)

人工知能(AI)や「IoT」などの技術革新について議論する「世界デジタルサミット2019」(日本経済新聞社・総務省主催)が10日午前、日経ホール(東京・大手町)で開幕した。「IT革命から『DT革命』へ~データ技術が拓く新時代」をテーマに、次世代通信規格「5G」やフィンテックなどの最新技術について討議する。

顧客情報管理(CRM)大手の米セールスフォース・ドットコムのキース・ブロック共同最高経営責任者(CEO)は「世界で2つのデジタル変革の波が到来している」と指摘。米マイクロソフトの「アジュール」などクラウドサービスによるプラットフォームの変革に続き、「会社がビジネスモデルを変える」という波が来るとした。

そのうえで変革に必要な最先端技術を「1社ですべて所有するのは難しい」と述べ、同社と米アップルとの提携事例を示しながら、提携の重要性を強調した。日本については「過去100年、世界を率いてきた企業があり、現在のテクノロジーでどう再現できるかが大切だ」と指摘。「リーダーシップとビギナーズマインドの下、リスクをとることが必要」とした。

同社は日本を重要市場とみており、日本法人の従業員数を今後5年で足元の1600人から3500人規模に増やす方向だ。「従来の成長は終わったとみて、新しい技術を活用していかなければならない」と強調した。

ノルウェーのスタートアップ企業のコグナイトは「データフュージョン」と呼ぶ情報連携基盤で、IT(情報技術)とOT(制御技術)を統合するサービスを提供する。ジョン・マーカス・ラービックCEOは、デジタル技術を使った新たな働き方や、保守サービスなどの事例を紹介し、「企業はデータの活用を含めて常に変わり続けないといけない」と指摘した。

欧州最大の家電見本市「IFA」のグローバル統括本部長のイエンズ・ハイテッカー氏はビデオ出演し、日本とドイツの技術革新の定義が米国とは違うと説明し、「(日独の)エンジニアの考え方は勤勉さのあまり歩みが遅いが、同時に最大の強みとなる」と指摘。米国の技術革新の負の面として個人情報保護の対策の遅れを指摘し「問題が見つかってから直すということは人を壊すことにつながる」と批判した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。