/

父の日ギフト習慣に地域差 「贈る」上位に大都市圏なし

日本生命保険が10日までに発表した父の日に関するアンケートによると、父の日にプレゼントを贈る人が多い都道府県は、大都市圏以外が上位を占めた。9割近くが贈ると答えた県がある一方、5割を下回る地域もあった。日本生命は「習慣に地域差があることが明らかになった」(広報担当者)としている。

父親にプレゼントを贈る割合が最も高かったのは秋田県の87.0%。2位は佐賀県の86.4%、3位は沖縄県で85.7%。上位11県のうち九州・沖縄が6県、東北が3県、四国が2県を占めた。下位の都道府県名は公表していない。全体では66.5%が贈ると答えた。

プレゼントの1人当たり平均予算は前年から500円増の約6200円。品目別では「食事・グルメ」が31.1%で首位。「酒類」が24.6%、「衣類」が17.8%だった。父親側の欲しいプレゼントは「手紙・メール・絵」が15.8%で3位に入り、ニッセイ基礎研究所の井上智紀さんは「贈られる側はお金を使わせることに遠慮がある」と分析した。

調査は5月にインターネットで実施、8977人から回答を得た。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン