/

この記事は会員限定です

維新 強まる発言力 堺市長選で勝利 反維新、足並みに乱れ

[有料会員限定]

政治資金問題による竹山修身前市長の辞職に伴う堺市長選が9日投開票され、大阪維新の会新人で元大阪府議の永藤英機氏(42)が当選した。大阪市を廃止して特別区に再編する「大阪都構想」で反対派の足並みが乱れるなか、過去2回の堺市長選で竹山氏に敗れた維新が雪辱を果たした。近く本格化する都構想の制度設計の議論などで、維新の発言力が一段と強まりそうだ。

今回の勝因の一つは「政治とカネ」の問題への有権者の批判だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン