2019年6月17日(月)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

6打差圧勝の上田 選手のピークは「今だと思う」

2019/6/9 18:14
保存
共有
印刷
その他

出だしの1番、最終組の3人はバーディーで競演。上田は「今日はスコアの伸ばし合いだな。アグレッシブにいこう」と腹を固めた。当面のターゲットは首位を走る世界ランク34位のキム・ヒョージュ。7番のバーディーで並ぶと前半終了時には逆に2打差をつけた。

【上田、逆転で15勝目 ヨネックス女子ゴルフ】

通算13アンダーで優勝した上田桃子=共同

通算13アンダーで優勝した上田桃子=共同

トップに立って、次は3打差をつけたいと考えた。さっそく10番で3メートルのバーディーチャンス。これは逃したものの「3打差がついたら緩んでしまう。仕切り直せということなのかな」と気持ちを引き締め、その後に4バーディーと爆発的なゴルフを見せた。

この大会は過去に2位が3回。プレーオフ負けで涙ものんでいる。相性がいいと感じている試合なのに勝ちきれていない。「やっとリベンジでき、本当にうれしい」

前日、あるインタビューで「選手のピークはいつだと思うか」との質問を受けた。今月15日に33歳の誕生日を迎える上田は「今だと思う」。この日の6打差の圧勝でその思いを強くした。「限界をつくらなければまだまだいける。年がたつほどうまくなっていけると思う」と力強く話した。

(唐沢清)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

通算12アンダーで今季2勝目を挙げ、トロフィーにキスする鈴木愛=共同

 2日目以降、ドライバーショットがいうことを聞かなかった鈴木のよりどころになったのはパット。「特にきょうの後半9ホールはいいパットが多かった」。究極の一打が16番(パー3)のファーストパットだった。
…続き (16日 19:50)

通算12アンダーで今季2勝目を挙げた鈴木愛(16日、六甲国際GC)=共同

 宮里藍サントリー・レディース最終日(16日・兵庫県六甲国際GC=6511ヤード、パー72)前日から順延された第3ラウンドの残りと最終ラウンドが行われ、鈴木愛が首位で出た最終ラウンドを4バーディー、2 …続き (16日 16:55)

(1)鈴木愛            276(67、68、71、70)
(2)比嘉真美子          277(68、71、71、67)
(3)新垣比菜           278(66、71、74、6 …続き (16日 16:44)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]