/

暴行の裁判官、依願退官 当事者トラブル仲裁

神戸地裁姫路支部(兵庫県姫路市)の敷地で、訴訟当事者同士のトラブルを仲裁しようとして男性を突き飛ばしたとして、暴行罪で罰金10万円の略式命令を受けた同支部の村上泰彦裁判官(57)が10日付で依願退官した。

起訴状などによると、昨年11月5日午後、親族間の子供の引き渡しに関する訴訟で判決を言い渡した後、当事者同士が口論しているのを発見。子供を引き離そうとして男性の背中を押し、脇にいた女性とともに転ばせたとしている。

兵庫県警が今年1月に書類送検し、4月に神戸簡裁から略式命令を受け、即日納付した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン