/

スポーツ討論会 新潟市で開催

新潟県、新潟市、日本経済研究所、日本経済新聞社が主催するスポーツフォーラムが9日、新潟市内で行われた。2020年東京五輪・パラリンピックの応援プロジェクトとして開催され、新潟県の花角英世知事らが出席。日本政策投資銀行(DBJ)の木下康司会長は「スポーツの力で地域を活性化する取り組みはこれからますます重要になる。スポーツの力に共感してもらい、新潟の発展を考える機会にしてほしい」とあいさつした。

「スポーツフォーラム2019」でパネル討論する(左から)古宮、三宅、五十嵐、桂田の各氏(9日、新潟市中央区)

花角知事は県内のムードを高めたい考えを示し、「スポーツの関心を高め、県内の競技者のレベルの裾野を広げていきたい」と話した。講演では日本陸上競技連盟の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが登壇。ユーモアを交えながら「マラソンは感動や勇気、元気を与えるスポーツ。ぜひ見に来てほしい」などと述べた。

「東京2020から見える新潟の近未来」と題したパネルディスカッションではスポーツが地域にもたらす経済的効果について言及。小中学生による車いすバスケットボールの体験教室も行われた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン