2019年6月27日(木)

勝負はこれから

フォローする

始まりから不変のルール「野球は3アウト」の妙
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2019/6/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

「フォーアウトを取る野球は難しいということですねえ」。巨人・原辰徳監督が、しみじみと語ったのは岡本和真の"凡飛"が、東京ドームの天井に当たって安打となったことから逆転勝ちした中日戦(5月2日)のあとだった。フォーアウト? 待てよ、そういえばなぜ、野球の攻守交代はツーアウト制でもなく、フォーアウト制でもなく、スリーアウト制なのだろう。

取れるはずのアウトを取れないと…

あまりにも当たり前すぎて、普段は意識しないが「スリーアウトでチェンジ」というルールは、ほどよいゲーム性を野球に与える、という意味で絶妙のようだ。

5月2日の中日戦で天井へ当たる三塁適時内野安打を放つ巨人・岡本=共同

5月2日の中日戦で天井へ当たる三塁適時内野安打を放つ巨人・岡本=共同

9イニング制と相まって、よほどの実力差がないかぎり、いわゆる"ラグビースコア"のような点数にはならず、試合時間もアマチュアからプロに至るまで、他のスポーツや映画などのエンターテインメントと同程度の2~3時間程度に収まる。これがツーアウト制やフォーアウト制だと、またややこしくなって、単にイニング数を増やしたり減らしたりするだけで、時間や得点数をうまく調整できるだろうか、ということになってくる。

もし、失策などがあって、取れるはずのアウトを取れず、守備側が1イニングのなかで、本来は要らない4つ目、あるいは5つ目のアウトを取らねばならない羽目になった場合、試合がたちまち壊れる恐れが出てくる。

特に天井弾といった特異な"事故"で、余計なアウトを取らなければならなくなった場合は、誰に責任があるわけでもないだけに、やるせないものがある。さきの原監督のコメントは、スリーアウト制だから保たれている野球というゲームのバランスの妙に触れたもの、ともいえる。

場面を説明しよう。1-3で迎えた五回、巨人は炭谷銀仁朗のソロで2-3と迫り、なお2死一、二塁と走者をためた。ここで打席に立った4番岡本は初球を遊撃上方に打ち上げた。ドームの天井に当たって、軌道が変わった打球を誰も捕球できず、グラウンドに落下。記録は三塁への安打となった。これで二塁走者が返り、同点。すかさず陽岱鋼が勝ち越し3ラン……。

試合後の原監督の口調には、中日側への同情のニュアンスが含まれていた。「(向こうは)スリーアウトと思ったろうし、我々もそう思った」

原監督は「エラーも大きな得点(失点)に結びつくし……」ともいった。天井弾は不可抗力として、もし失策や振り逃げなど、取れるところでアウトを取れずに走者をためてしまうと、野球の神様はたちどころに"ペナルティー"を下し、大量失点につながる。原監督のコメントはそういう野球の厳しさをも示していた。

それにしても、いつから野球はスリーアウトとなったのか。

最初の野球規則とされるルールができたのは1845年9月23日に米国のニッカーボッカー・ベース・ボール・クラブが制定したものといわれる。

なぜか変わらぬ「アウトは3つ」

当初は投球はアンダースローに限定され、打者が高い球とか低い球とか、自分の打ちやすい球を要求できた時期もあった。また試合はどちらかが21点を取ったら成立するとか、飛球はノーバウンドでなく、ワンバウンドで捕球してもアウトとか、現在のルールとかなり違う点があった。

ところが、アウトの数は3つと、今と同じように決まっていた。同クラブが定めたルールの第15条にいわく「スリー・アウトで攻守交替」。つまりスリーアウト制は、野球の"事始め"から不変のまま来たわけだ。まるで宇宙を成り立たせる根本原理のように。

以上は野球殿堂博物館(東京都文京区)が米国の文献を翻訳し、まとめた資料によるものだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
23日のオリックス戦で延長10回に大量リードを許す展開を見つめる緒方監督(中央)=共同共同

 広島がセ・パ交流戦で4勝12敗1分け(6月24日現在)と負け越した。リーグ半ばの“中間テスト”の意味合いがある交流戦で及第点を取れず、リーグ4連覇に暗雲がたれ込めるが、3週間、いたずらにもがき苦しん …続き (6/25)

5月2日の中日戦で天井へ当たる三塁適時内野安打を放つ巨人・岡本=共同共同

 「フォーアウトを取る野球は難しいということですねえ」。巨人・原辰徳監督が、しみじみと語ったのは岡本和真の“凡飛”が、東京ドームの天井に当たって安打となったことから逆転勝ちした中日戦(5月2日)のあと …続き (6/11)

上原のシーズン半ばでの引退決断には、チームに影響のない形で辞めるという強い意志があったことがうかがえる=共同共同

 シーズン半ば、巨人復帰後の上原浩治(44)が、ユニホームを脱いだ。復活を心待ちにしていたファンにとっては寂しい限りだろうが、誰よりも悔しい思いをし、決断の苦しさを味わったのは当人だろう。自己に対する …続き (5/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]