/

この記事は会員限定です

G20財務相会議、デジタル課税の20年合意を確認へ

[有料会員限定]

福岡市内で開催している20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は9日午前、2日目の討議に入った。デジタル経済に対応する新たな国際法人課税のルールについて2020年中の最終合意をめざすことを確認するほか、経常収支の不均衡の問題や新興国などへのインフラ投資の原則などがテーマになる。同日夕に共同声明を採択して閉幕する予定だ。

会議終了後、議長を務める麻生太郎財務相が記者会見を開き、会議の成果を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン