2019年7月17日(水)

[社説]がんゲノム医療は実効性重視で進めよ

経済
ヘルスケア
ヨーロッパ
北米
科学&新技術
2019/6/8 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がん患者個人の遺伝子を調べ、最適な治療法の決定に生かす検査を公的保険で受けられるようになった。ただ、対象患者は限られるほか、技術も欧米に比べ遅れ気味で実効性には課題もある。不断の改善努力が必要だ。

検査は遺伝情報(ゲノム)に基づく個別医療「がんゲノム医療」の柱となる。国立がん研究センターなどが開発した検査手法と、米ファウンデーション・メディシンの手法が保険適用となった。

いずれもゲノムのごく一部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。