/

この記事は会員限定です

[社説]がんゲノム医療は実効性重視で進めよ

[有料会員限定]

がん患者個人の遺伝子を調べ、最適な治療法の決定に生かす検査を公的保険で受けられるようになった。ただ、対象患者は限られるほか、技術も欧米に比べ遅れ気味で実効性には課題もある。不断の改善努力が必要だ。

検査は遺伝情報(ゲノム)に基づく個別医療「がんゲノム医療」の柱となる。国立がん研究センターなどが開発した検査手法と、米ファウンデーション・メディシンの手法が保険適用となった。

いずれもゲノムのごく一部を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン