グローバル企業の"税逃れ" 包囲網構築へG20協調

2019/6/9 1:31 (2019/6/9 18:26更新)
保存
共有
印刷
その他

福岡市で9日閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、経済のデジタル化に対応した国際課税ルールの見直しが主要テーマの一つとなった。巨額の利益を上げる巨大IT(情報技術)企業などからなかなか税金を徴収できないのは各国共通の悩み。"税逃れ"を包囲するため国際協調を加速させ、2020年中に新ルールに最終合意する目標をG20として確認した。

「ルールの見直しには多国間主義によるアプロ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]