/

この記事は会員限定です

進化し続けるミニ保険

補償対象 よりユニークに

[有料会員限定]

手軽な保険料で身の回りのトラブルに備える「ミニ保険(少額短期保険)」市場が拡大している。2018年度の保険料収入は初めて1000億円規模に達したもようだ。時代のニーズに応えたユニークな商品が続々と登場するミニ保険のいまを追った。

弁護士保険「あおり運転」「痴漢冤罪」に備え

後方から猛スピードで迫る自動車。バックミラーにヘッドライトが映らないほどまで接近すると、「邪魔だ」とばかりにクラクションを鳴らし続ける──。

いま大きな社会問題となっている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1871文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン