/

ゲル人工乳房でリンパ腫 国内初、厚労省が注意

がんで切除した乳房の再建や豊胸手術などで使う「ゲル充填人工乳房」が原因とみられるリンパ腫が国内で初めて見つかったと、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会など関連4学会が7日、発表した。

国内ではアラガン・ジャパン(東京)の人工乳房が承認されており、厚生労働省は同日、使用前にリンパ腫のリスクについて患者に十分説明することなどを添付文書に記載するよう指示した。

学会などによると、患者は17年前に当時未承認だった人工乳房を入れる手術を受けた。現在もリンパ腫の治療中という。海外では以前から報告があり、今年4月以降、フランスやカナダなどで一部の人工乳房の販売が停止された。

このリンパ腫は「ブレスト・インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫」。主にゲルを包む樹脂の表面がざらざらしたタイプの人工乳房でまれに発生し、体液がたまったり、しこりができたりして気付くことが多い。入れてからリンパ腫が見つかるまでは平均9年。早期発見のため、定期的な検査が推奨されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン