2019年9月22日(日)

F35訓練、7月末で打ち切りへ 米がトルコに警告

2019/6/8 6:55
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】シャナハン米国防長官代行は6日、トルコがロシアから地対空ミサイル「S400」の購入を断念しなければ、米国の最新鋭ステルス戦闘機F35を売却しないと改めて書簡で警告した。米国が受け入れているトルコ人のF35パイロットの訓練も7月末で打ち切り、新たな参加者は受け入れない方針を示した。国防総省が7日明らかにした。

米国はF35パイロットの訓練打ち切りをトルコに通告した(写真はロイター)

シャナハン氏は「トルコは米国や北大西洋条約機構(NATO)との協力の拡大・維持ができなくなる」とし、S400の購入断念を求めた。12日に予定しているF35開発にかかわる年次会合にもトルコの出席を認めないと伝えた。

トルコはNATOに加盟する米国の同盟国で、米が主導するF35の共同開発・生産計画に加わっている。ただ、米国はF35とS400の両方をトルコが配備すれば、F35の機密情報や技術がロシアに流出しかねないと懸念している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。