2019年7月23日(火)

国外流出のベネズエラ人400万人 人口の1割以上 国連

中南米
2019/6/8 6:25
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】国連は7日、政情混乱が続くベネズエラから逃れた難民や移民が400万人に達したと発表した。食糧や日用品が不足する同国からの「流出ペースは驚異的」と指摘した。受け入れている周辺国は施設の整備などで負担が増えており、地域の不安定化の要因となっている。

国境付近で夜を明かすベネズエラ難民(5月、ブラジル北部パカライマ)

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と国際移住機関(IOM)が周辺国の統計などを基に計算した。ベネズエラの人口は3000万人超で、1割以上が流出している。2015年末時点でのベネズエラ人の海外流出は69万5000人だったので3年半で約5.8倍に増えている。

中南米の周辺国ではベネズエラ人の流入が社会問題化している。130万人が滞在する最大の受け入れ国であるコロンビアでは、移民・難民対策で財政状況が悪化している。76万8000人を受け入れるペルー政府は治安対策として犯罪歴のあるベネズエラ人の強制送還を始めた。ブラジルでも国境地帯などで地元住民とベネズエラ人の間で摩擦が生じている。

日本政府は6日、UNHCRと連携し、ブラジルに滞在するベネズエラ難民・移民への人道支援に最大4億1700万円を供与すると発表した。保健医療や児童保護、地域住民に対する支援などに使われる予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。