/

ファーウェイ製スマホにアプリ供給停止 フェイスブック

新機種から

【ラスベガス=中西豊紀】米フェイスブックは中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が今後新たにつくるスマートフォンについて、同社アプリの事前搭載を認めない方針だ。米政府の指示に基づいた措置。ファーウェイに対してはグーグルも基本ソフト(OS)の供給を止めるとされており、スマホ開発での対中包囲網が築かれつつある。

フェイスブックの関係者が7日、明らかにした。米政府によるファーウェイへの禁輸措置を精査した結果、「端末に事前搭載するアプリソフトの供給を停止する」としている。SNSのフェイスブックアプリのほか、写真共有の「インスタグラム」、対話アプリの「ワッツアップ」などが含まれる。

現在市場に出回っている既存のファーウェイ製スマホについてはアプリへの影響は出ない。セキュリティーなどのアップデートも継続されるという。

ファーウェイに対してはグーグルが禁輸措置に基づきアンドロイドOSの中核ソフトの供給を止めるとされている。そこにはアプリの流通ソフトも含まれており、専門家からは第三者がつくるアプリのアップデートも滞るとの指摘が出てきた。

フェイスブックはプライバシー保護などでアプリのアップデートを頻繁に繰り返している。今回は、アプリの安全性の担保を考え、供給停止を決めたとみられる。

フェイスブックは世界で20億人超のユーザーがいる。中国ではフェイスブックのサービスはつかえないが、ファーウェイ製のスマホのシェアが高い欧州では人気アプリのひとつだ。仮にファーウェイが今後自社OSでスマホをつくってもフェイスブックが使えない場合、競争力で他社に劣る可能性がある。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン