/

安保理非常任にベトナムなど5カ国 20年1月

【ニューヨーク=大島有美子】国連総会は7日、2019年末に任期を終える安全保障理事会の非常任理事国の後任5カ国を選出した。ベトナム、エストニア、ニジェール、チュニジア、セントビンセント・グレナディーンが選ばれた。任期は20年1月から2年間。世界各地の紛争や危機に対応する。

東欧枠からのエストニア、中南米枠からのセントビンセント・グレナディーンは初選出だった。15カ国で構成する安保理のうち、拒否権を持たない非常任理事国は10カ国。このうち5カ国が総会の選挙を経て毎年入れ替わる。

安保理は国連に加盟する193カ国を法的に拘束する決議をする権限を持つ。日本も16年から2年間、非常任理事国として北朝鮮に対する制裁決議の採択などにかかわった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン