/

アルプスアルパイン、フリービット株を1割取得

アルプスアルパインは7日、セキュリティー技術などを手がけるフリービットの株式を約10%取得すると発表した。取得額は24億円程度とみられる。車向けアプリの共同開発を加速する。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)などから取得する。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)といった次世代車に関わるサービスを開発する。エンジニアなどの人材交流も強化する。

アルプスアルパインは2018年ごろから、フリービットと共同で車向けアプリを開発してきた。19年にはブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用し、車のカギを遠隔で安全に開閉できる「デジタルキー」を開発した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン