中国勢、制裁避け東南アへ投資 米関税逃れる拠点に

2019/6/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ハノイ=大西智也、上海=張勇祥】米中貿易戦争の激化で、中国企業の東南アジア投資が急増している。ベトナムでは2019年1~5月の中国からの新規投資認可額が前年同期と比べて6倍弱に拡大した。タイでも1~3月に2倍に増えている。米国の対中制裁を回避する動きはグローバル企業で広がるが、中国企業が率先して自国から東南アジアに生産拠点をシフトしていることが浮き彫りになった。企業の「脱出」が続けば、中国の雇…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]