2019年8月18日(日)

JR東海、時速360km「N700S」で挑む米国市場

2019/6/7 19:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東海が新幹線の速度の向上を積極的に発信している。新型車両「N700S」の走行試験を報道陣に公開し、同社として初めて時速360キロメートルの走行を実現した。国内の営業運転速度は最高時速285キロメートルで今後も変更する予定はない。同社の狙いは海外向けに新幹線の高度な性能をアピールし、日本式の高速鉄道を売り込むことだ。

【関連記事】新幹線「N700S」、一時362キロで試験走行 JR東海

6日深夜…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。