2019年6月19日(水)

[社説]認知症の予防策は拙速避けて

経済
ヘルスケア
科学&新技術
社説
2019/6/7 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は6月中に認知症対策大綱を決める。当初案にあった、発症予防の数値目標は取り下げる。病気のしくみが未解明で診断も難しいことを考えれば当然だ。拙速を避け、科学的根拠に基づいて丁寧に予防策を進めるべきだ。

認知症患者は高齢化の進展とともに増え、2012年に65歳以上の約7人に1人だったのが、25年には約5人に1人になるという推計もある。本人や家族の生活に大きな影響を及ぼすほか、医療・介護費の押し上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報