/

この記事は会員限定です

「日本人と同じに」外国人労働者受け入れ、九州も模索

[有料会員限定]

外国人労働者の新たな在留資格「特定技能」を新設する改正出入国管理法が施行され、九州でも対応が本格化しつつある。制度設計が急ピッチで進んだこともあり、現場の準備は十分とは言い難いのが実情。「日本人と同じように生活してもらえれば」。長く共生できる環境をつくろうと、受け入れ側も試行錯誤している。

「生活面で様々なサポートがあればいいと思うことはたくさんあった」。約7年前に留学生として来日し、福岡県久留米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1029文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン