/

この記事は会員限定です

M&A63戦無敗、日本電産の掟 毒まんじゅう食うな

ビッグBiz解剖(上)

[有料会員限定]

平成の30年間で時価総額の伸び率が最も大きかった日本企業はどこか。自動車やロボットなどのモーターを手がける日本電産だ。1973年に永守重信会長が京都市のプレハブ小屋で創業した同社は、過去63件の企業買収をテコに成長した。「毒まんじゅうは食うな」「任せて任すな」――。買収後に大型損失を出したことがない同社の企業買収には流儀がある。

日本電産は創業から50年足らずで、ハードディスク駆動装置(HDD)用モーターでは85%、携帯電話の振動モーターや電動パワーステアリング用では40%のシェアを握る世界大手にのし上がった。平成の30年間で時価総額の伸び率は69倍と、比較可能なすべての国内上場企業でトップだ。

「毒まんじゅうは食うな」「お化けが出るぞ」――。M&A(合併・買収)を手がける部署では永守会長ゆ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1341文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン