2019年7月22日(月)

「不幸な動物と飼育放棄ゼロに」 女優・杉本彩さん
「日本は動物に優しいとは言えない国」

東京
南関東・静岡
2019/6/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他


動物虐待の増加や無責任な飼い主による多頭飼育の崩壊、生後8週齢にも満たない幼犬販売の加速――。ペットをめぐる社会的な問題が深刻さを増している。公益財団法人、動物環境・福祉協会Eva(東京・目黒)の代表理事としてペットを取り巻く環境改善に取り組んでいる女優の杉本彩さんに聞いた。

【関連記事】増える動物虐待、どう防ぐ 厳罰化求める動きも

――動物愛護に取り組むきっかけは何だったのでしょうか。

「20代のころから身近な猫たちの保護活動をずっと個人でやっていた。今から13年前に広島で犬の虐待事件があり、そのときにどうしてこんな虐待が起こるのか、初めて日本の動物を取り巻く法律やルールが整備されていないことを知り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。