/

スタバ、店内と持ち帰りで別価格 本体価格据え置き

スターバックスコーヒージャパン(東京・品川)は7日、10月の消費増税への対応を発表した。税抜き価格は据え置き、店内飲食に10%、持ち帰りに8%の税率を適用する。飲食店では軽減税率の適用で、店内飲食と持ち帰りで別の税率が適用される。税抜き価格を調整して、税込み価格をそろえる運用も認められており、各社の対応が焦点となっていた。

価格表示も現在の税抜き表示のみを維持する方針だ。330円のドリップコーヒーの場合、持ち帰りの場合は356円で据え置かれ、店内で飲む場合は363円となる見込みだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン