2019年8月24日(土)

インタビュー

フォローする

名スタンドオフに聞く「日本ラグビーは賢く創造的」

ラグビーW杯
(2/3ページ)
2019/6/11 16:41 (2019/6/11 16:59更新)
保存
共有
印刷
その他

ではイングランドの現状はどうか。

「プレーの決断を下す選手たちが正しいバランスをとることが大事だ。ナンバーエイトとスクラムハーフ(SH)、SO、フッカーは、プレーの激しい部分を理解し、最後はどうゲームに勝つかを考えなければならない。ペナルティーゴール(PG)を狙うのか、ラインアウトで攻め続けるのか、DGを蹴るのか。特にチームにフィットしないといけない選手はナンバーエイトのビリー・ブニポラだ。また、いいフランカーがいることが大事だ。ターンオーバーがとれる7番がいないといけない」

現主将ファレルの成長を実感

主将でSOのオーウェン・ファレルにも注目が集まる。現役時、同じ役割を務めたウィルキンソンさんにとって、その系譜を引き継ぐ27歳は気になる存在のようだ。ファレルのキャプテンシーについて尋ねると、理路整然とした答えが返ってきた。キーワードは「フィジカル(体力)」「メンタル(精神)」、そして「エモーショナル(感情)」だという。「エモーショナル」とは、時に激しいプレーで感情の高ぶりを見せたとき、それを静められるかという意味だ。

「僕の経験では、SOであることと主将であることは同じことだ。だから余計な責任を負うことはない。なぜならSOは指示を出して、フィジカル、メンタルで何が起きるかだけではなく、エモーショナルにも何が起きるかに責任を負う必要があるから」

地元の高校生たちとミニゲームを楽しみながら指導した

地元の高校生たちとミニゲームを楽しみながら指導した

「ファレルはフィジカル、メンタルはずっと素晴らしい選手だ。そして今、エモーショナルな部分についても理解しつつあり、成長している。どのように周りと意思疎通を図り、チームのエネルギーをコントロールするか。つまり、規律を乱さず、冷静なまま、接戦をいい結果に導くように全体をマネジメントすることだ。先日のスコットランド戦のように、『はい、これで目標を達成した』と言えるようなことはない。常に仕事はまだ進行中だと思わないといけない」

今年の6カ国対抗で、イングランドはスコットランドを相手に前半31-0と圧倒しながら後半一時逆転を許し、終了間際のトライでかろうじて引き分けに持ち込んだ。この試合の選手たちの気の緩みは、主将であるファレルの責任も大きいとみているようだ。

今のイングランド代表チームに、ウィルキンソンさんは選手の個人的なコーチとして関わっている。チーム公認のコーチではなく、「友人」の立場で助言をする。今年のW杯も1次リーグの間は来日して、キックを担当する選手の「メンタルやフィジカルの準備」についてアドバイスするという。その立場から、現在のエディ・ジョーンズ監督の指揮ぶりはどう見えているのか。

「エディは一人ひとりの選手が周りをより良くするパワーを持つことを求めている。どうプレーされるべきかについて、選手自身がアイデアを持つよう求めている。それはとても大事なことだ。そうでなければ選手はチームを導けない。SOやSHだけでなく、ウイングも試合について考える必要がある」

「今日教えた高校生のウイングが『それは僕の仕事ではない』と言っていたが、そうではない。フィールドでは2人の選手だけが判断するのではなく、チーム全体が判断するんだ。それがエディが求めていることだ」

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

インタビュー 一覧

フォローする
玉塚元一氏

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングやローソンでトップを務め、2年前にIT関連企業の社長に転じた玉塚元一氏。常に挑戦し続ける精神はラグビーに植え付けられたと振り返る。
 ――慶大時代は全国大学 …続き (8/22)

ヒト・コミュニケーションズHD 安井豊明社長

 スーパーラグビーに参戦するサンウルブズの公式スポンサーを務めるヒト・コミュニケーションズ。安井豊明社長は個性を集めて戦うラグビーを企業組織とだぶらせる。
 ――ラグビーとの出合いは。
 「地元の大分舞鶴 …続き (8/20)

ヤマハ発動機の柳弘之会長

 ラグビーのトップリーグの強豪、ヤマハ発動機ジュビロ。苦難の時代にチーム再生をけん引したのは当時、社長に就任したばかりの柳弘之会長だった。

 ――ラグビーとのつながりは。
 「ラ・サール高校(鹿児島市)で …続き (8/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。