2019年9月23日(月)

電通、セールスフォースとデータ管理基盤連携

2019/6/7 14:15
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

電通と電通デジタル(東京・港)は6日、電通グループ独自の統合マーケティングプラットフォーム「People Driven DMP(ピープル・ドリブンDMP)」と、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Audience Studio(セールスフォース・オーディエンス・スタジオ)」の相互連携を始めたと発表した。

Salesforce Audience Studioは、顧客企業が保有するデータと外部から得たデータの統合を可能にし、顧客との関係強化に活用できるプラットフォーム。一方、電通グループのPeople Driven DMPは、さまざまなオーディエンスデータや各種メディアの接触データ、購買データ、位置情報データなどを人(People)基点で活用できるプラットフォームになる。

今回、電通グループは2つのデータマネジメントプラットフォーム(DMP)を相互に連携させることで、より詳細に顧客のニーズや嗜好を捉え、顧客とのエンゲージメント強化に資する広告配信やデジタルプロモーションの実現を狙う。2つのDMPのCookie(クッキー)シンク(ウェブサイト訪問時やバナー広告表示の際に割り振られた暗号化Cookieを、別のドメインで発行されたCookieにひも付け、統合・管理すること)により、スムーズかつ高度なマーケティング施策の実現が可能という。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 長谷川博)

[日経 xTECH 2019年6月6日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。