米ウォルマート、生鮮品を冷蔵庫にまで配達 新サービス発表

2019/6/7 13:05
保存
共有
印刷
その他

【ベントンビル(米アーカンソー州)=高橋そら】米小売り最大手のウォルマートは6日、インターネットで注文した生鮮食品を自宅の冷蔵庫にまで届ける新サービスを始めると発表した。今秋に米国の3都市で始め、約100万人の顧客が利用できるようになる見通し。顧客が自宅にいなくても冷蔵が必要な生鮮食品を配達できるようにし、消費者の利便性を高める。

「顧客までの最後の数ステップを埋める」。ダグ・マクミロン最高経営責任者(CEO)は新サービス「イン・ホーム」への期待感をにじませた。まずミズーリ州カンザスシティー、ペンシルベニア州ピッツバーグ、フロリダ州ベロビーチで開始し、順次対象エリアを拡大する。

新サービスでは、まず顧客がウォルマートのネット上のウェブサイトかスマートフォンのアプリを使い、生鮮品を注文して受け取りたい日付を選ぶ。注文を受けると、店舗の従業員が顧客の家まで行き、スマホでドアを解錠できる「スマートロック」を使って中に入り、商品を冷蔵庫や倉庫に置く。サービスの価格は今後公表する。

外出中の顧客が配達員が家に入ってから出るまでの一連の動作をスマホで監視できるシステムも導入する。同社のネット部門を率いるマーク・ロア氏は「顧客との信頼関係の醸成がとても重要だ」と述べた。19年後半からは返品も受け付ける。

ウォルマートはこれまでネットと店舗の融合に注力してきた。数年前からはネットで注文した商品を最寄りの店で受け取ったり、店舗から自宅に届けたりするサービスを拡大した。こうしたサービスの成功体験から「配達の限界を取り払うことができると確信した」(マクミロンCEO)という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]