2019年8月17日(土)

東京医大が争う姿勢 不正入試巡る訴訟、東京地裁

2019/6/7 12:50
保存
共有
印刷
その他

東京医科大の入試不正を巡り、不合格になった元受験生の女性36人が大学に約1億4千万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第1回口頭弁論が7日、東京地裁(谷口安史裁判長)で開かれた。東京医大側は争う姿勢を示した。

口頭弁論では原告の女性1人が法廷で意見陳述し、「得点操作を知り、がくぜんとした。職業に直結する医学部入試で決して許されるものではない」と批判した。

弁護団によると、原告は10~20代が中心。3月22日に33人が提訴し、その後、3人が加わった。弁護団は6月下旬にも、同様の入試不正が明らかになった順天堂大に対し、元受験生が損害賠償を求める訴訟を起こす予定という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。