2019年8月23日(金)

トヨタEV電池連合、東芝など参画 世界首位と提携

2019/6/7 12:41 (2019/6/7 14:42更新)
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は7日、電気自動車(EV)などの電動車向けの車載用電池で世界最大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)や比亜迪(BYD)、東芝、GSユアサなどと協業すると明らかにした。世界で急速に広がっている電動車の需要に備える。

トヨタはすでにパナソニックと共同出資するプライムアースEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)などから調達してきた。パナソニックとは2020年末までに車載用電池の共同会社を設立する計画を持っている。

車載用電池はEVの性能を左右する重要な部品。特に電動車の生産を義務付ける中国政府の環境規制などで中国は世界最大のEV市場となっている。CATLをめぐってはホンダがEV用電池を共同開発し、日産自動車や独BMWもCATLの電池を採用するなど、世界のメーカーと関係を深めている。

トヨタは同日、ハイブリッド車(HV)や燃料電池車(FCV)など電動車の世界販売を30年に550万台以上とする目標を、5年ほど前倒しで達成できる見通しも明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。